青への憧憬

おそらく自分では袖を通すことがないであろう、
青い着物をつい集めてしまいます。

青が似合うひと=爽やかさ、落ち着き、清々しさといった
自分にないものを持ち合わせているイメージなのです。

年末年始のパーティで、さりげなく目をひく着物3点。
本サイトにも近々アップします。


FR051>の色違い。すでにフォトギャラリーではお客様の着姿をご覧頂けます。
レンタル価格50,000円

青い薔薇の着物青い薔薇の着物


ひそかに人気の<FR051>の色違い。
レンタル価格40,000円

青いぼかし附け下げ青いぼかし附け下げ


大人気の<FR024>よりもあっさりめ。
胡蝶蘭の原種、エクエストリスです。

地色は黒ですが、花の中央の青が印象に残るので仲間に入れました。
レンタル価格40,000円

エクエストリスの小紋

お問い合わせはこちら
info@tokyokimonostyle.com


神様お願い

今日お越しになられたお客様に頂いたおみくじ、〈大吉〉でした。
念じながらひいたのがよかった?

宝くじは買ったことがありません

ここ数年なぜか大吉続きなのですが、
しばらく大病もせずに仕事を続けていられるのはやはり御利益なのでしょう。

“一、仕事 よし。”ですって シンプルだわー素敵


“一、キーボード 信心すれば直る。”ってあるともっと嬉しいけど。(10月2日の記事参照)


今回のおみくじは数ある氷川神社の親玉(?)、
武蔵一の宮 氷川大社のものですが、秀逸なのが締めの一文。


“このみくじにあう人は氷川神(ひかわのかみ)を信心すべし”

この営業精神、見習わなきゃ。
宣伝・広告一切してませんなんて格好つけてる場合じゃないですね。
神様だって積極的なのに。

皆様にいいことがありますように。

25歳からの振袖

かたぎの勤め人をしていた15年ほど前は、
2枚目の振袖を誂える方が少なくありませんでした。
結婚披露宴のお呼ばれはもちろん、
初詣、新年の初出社、初釜、結納…意外と着る機会はあるものです。

成人式の時よりちょっと大人になったからこそ似合う、
シックな振袖2点をご用意しました。
只今仕立て中ですので11月末にはご試着・お貸し出し可能です。
仮仕立てのため、実際の柄合わせと多少異なる場合があります。


レンタル価格68000円(草履・バッグ、着付け別)。


新作振袖


お問い合わせはこちら
info@tokyokimonostyle.com

i'm lovin' itにもほどがある

シナモンメルツ

この三日間、携帯電話へのメールがまったく届きませんでした。

別にメール依存症ではないのですが、
いつも速攻レスポンスのヘアメイクスタッフ達、
東京でのライブのために長崎から出て来る友人、その他いろいろ、
みんな返事がないのです。


あれーっ
おかしいな。無視されてるのかな?と思いつつ、
数日前に迷惑メール対策のためにEメール設定をいじったことを思い出し、
確認しようとしたらezweb(au)のサーバがメインテナンス中で接続できず
さらにひと晩経過。


翌朝、再挑戦しましたらなんと
マクドナルドからのメール以外受け取らない設定にしていました。

それはそれで潔い人生だけど、相当な変わり者ね。

いや、シナモンメルツが食べたくて、
メルマガを受け取れるようにしたつもりだったんです。

でもきっと同じことした人はいるはずよ。いるいる。

お出迎え有難うございます。

Halloween

今日伺ったお客様宅(マンション)のエントランスにて。
2メートル以上はありました。




どこにもない着物

をお探しの方へ。

新作訪問着

ホテルやゲストハウスなど、洋の空間でこそ映える幻想的な訪問着。
奇抜なようで、案外着こなしやすいのでご安心下さい。
オペラ観賞などにもよさそうです。
これから仕立てに出しますので、11月半ばにはご試着・お貸出可能となります。
※写真は仮縫いのため、実際の柄合わせとは少し異なる場合があります。

迷ったら両方とる性分、気がついたら色・柄違いの着物と帯が沢山ありました…
来年からは気をつけます。たぶんねー
新作訪問着

レンタル価格50000円(予定)

お問い合わせはこちら
info@tokyokimonostyle.com



追伸:パソコンのキーボードは変わらず頑なですが、
スクリーンキーボード(画面上にあって、ちこちこクリックするのです)なる救世主を得て、
乗り切っております。
皆様にはご心配とご迷惑をおかけしますが、
この大繁忙期を過ぎるまでしばらくこのままで頑張ります。


 

よく寝かせました

このブログで紹介したにも関わらず、
コーディネイトが未完成・撮影したけど写真がいまいち・その他の理由で
未だ本サイトに掲載していない着物と帯です。

2007年11月1日の記事の男性もの小紋アンサンブル

2008年2月20日の記事の青い薔薇の附け下げ

2008年2月25日の記事の小紋2点

2008年5月1日の記事のモーブ色の振袖

2008年5月26日の記事の単衣附け下げ

2008年7月12日の記事の夏物小紋

2008年8月8日の記事の振袖2点・小紋・黒留袖・名古屋帯

新作黒留袖 新作黒留袖 新作黒留袖

琥珀色の黒留袖は独特の色遣い。
この着物に合う帯・帯・帯…と呪文のように言い続けておりましたらやっと出会いました。
名門の機屋・おび弘さんの帯です。


2008年8月19日の記事の帯7点

2008年9月6日の記事の黒留袖・色無地2点

新作黒留袖 新作黒留袖 新作黒留袖

写真が暗くてわかりにくいのですが、白地にパステルカラーが爽やかな高島織物の帯です。

浴衣と一部の単衣はまた来年に回すとして、
取り急ぎ上記の着物は早くアップします!!

ご試着予約・お問い合わせは
info@tokyokimonostyle.comまで





 




















宮田亮平・琴 親子展(写真追加しました)

いつも年寄りの冷や水的に動き回っていますが、
今回はちょっとがんばりました。

始発の新幹線で新潟市へ、
そして着物を着付け、
またすぐに東京に戻り午後からのお客様をお迎え…。

と言うのも、昨年11月以来、
機会あるごとに当店の着物をお召し頂いている
金工作家の宮田琴様、そしてお父様である亮平氏の親子展が今日(9月14日)から開催されるのです。

オープニングレセプションでもやはり着物を着たい、とのお声に
応えないわけには参りませぬ。
慌しいながらも20分だけは作品を見ることができました。


琴さんのあたたかい人柄がそのまま表されている、
森の動物などのオブジェ。
宮田琴さんの作品 宮田琴さんの作品

会場もたくさんの人で賑わっていました。
宮田亮平・琴 親子展 


こちらはお父様の作品
宮田亮平氏の作品 宮田亮平氏の作品 宮田亮平氏の作品
子供みたいな感想ですが、金属って綺麗なのねと思いました。
大きなジュエリーのよう。

東京藝大の名物学長としても有名で、テレビでしかお見かけしたことのなかった亮平氏。
久しぶりにきらきらした光を放つ方にお会いしました。
宮田亮平・琴 親子展

宮田亮平・琴 親子展
今回は個展のテーマカラーが緑(亮平氏は青)、
そしてまもなく母になろうとする琴様の穏やかさを表現したいと思い、
HR010をベースにコーディネイトしました。
帯留は琴様の作品です。

宮田亮平・琴 親子展
この時妊娠7ヶ月でしたが、
あまりお腹も目立たず楽にお召し頂けたとのことです。
やはりこのお姿は皆様に大好評で、
目の前で“素敵”と言われる琴様を見て、
この仕事をやっていてよかったと実感しました。


宮田亮平・琴 親子展
写真が苦手な私も珍しくはりきって記念写真におさまってみました。



会場も純和風建築の素敵な美術館です。
新潟方面にお立ち寄りの際はぜひどうぞ。
10月19日(日)までの開催です。

 
会期:2008年9月13日(土)〜10月19日(日) 
9時30分〜17時

会場:雪梁舎美術館
〒950-1101 新潟市西区山田451
TEL:025-377-1888

※入館料 500円 団体(10名様以上)400円 中学生以下無料
※9月14日(日)11時/14時〜 作品解説会
※9月21日(日)9時30分〜16時 お茶会(立礼式)喫茶[田母木]にて
両氏の作品を中心にお道具を揃えました。
お問合わせ・予約(お茶券500円)は雪梁舎美術館まで。


 

お問い合わせ・ご予約を頂いている皆様へ

いつも有難うございます。

24時間パソコン前に張り付いているんじゃないか?
と言われているほど早い当店のメール返信ですが、
このところ遅れ気味になっております。
本当に申し訳ありません。

実はパソコンのキーボードをだめにしてしまい(二度目です)、
携帯電話で打ったものを貼り付けております。
このブログもそうです。


交換すればよい話なのですが、VAIOの一体型で要入院。
一年で一番忙しいこの時期、それはできないのです。

必ずお返事しますのでもうしばらくお待ち下さい。
右手がつりそうですが…頑張ります。
メール早打ち名人になれるかも?←あくまで前向き

教訓・パソコンの前で食事をするのはやめましょう


 

純子様の結婚式二次会に参加しました

これまでに幾度となく登場して頂いた純子様、
ついに、
ついに、
ついに!!

お嫁入りとなりました。

結婚式・披露宴・二次会ではドレスをお召しになるとのことで
せっかく着慣れてきた着物姿を残したいと撮影しました。


純子様

6月半ばの新宿御苑はそりゃもう暑いです。
が、挙式・披露宴は9月後半に行われるため
純子様は新作の振袖FSR011、新郎の大輔様はMR003に袴を着けて。
大店のお嬢さんと書生さんみたいな組み合わせに。
大輔様の半衿はブルーグレーにして、振袖のブルーとバランスをとりました。

純子様


これまではどちらかというとシックな着物を選ばれることが多かった純子様。
こんな華やかな柄も思い切って着てしまえば似合うのでした。

純子様

こちらは披露宴でも皆様に見て頂けたとのことです。
せっかくの綺麗な写真、このブログですと小さいサイズでしかアップできないので近々本サイトにも掲載しますね。


こちらのみ私が撮影しました(上3枚はプロカメラマンによるものです)。
純子様



後日、披露宴のあとの二次会から参加。
TOKYO KIMONO STYLEを始めて間もない頃からのお付き合いで
もはや娘のように思っていた純子様。

会場にプロジェクターで映し出される式の様子を見て、
新郎新婦が入場する前から泣いていました。
あの時、周りにいらしたゲストの皆様、決してワケありではございませんよ〜(すぐ泣くんです※サザンライブ参照)。


純子様二次会
お二人ともいい笑顔!!


こんな色っぽい感じの純子様を見るのは初めてでしたので
ちょっと照れてしまいました。
酔っ払いの私は悪そうに映ってますね。
純子様二次会


<おまけ>
今回の髪型は“とにかく高く そしてブリジット・バルドーで”とオーダー。
ヘア&メイクの貞廣有希は“わかりました。ザ・ピーナッツですねっ”
違うけどね…まあ満足です。自宅に戻ってからも崩れ知らずのこの堅い綿菓子!!
ちなみに上の撮影時もヘア&メイクは貞廣が担当しています。
純子様二次会



それはさておき、大輔様・純子様
この日に立ち会えたことを嬉しく思います。
末永くお幸せに。



★ブライダル・その他のコーディネイト承ります。
お問い合わせは
info@tokyokimonostyle.com まで
 


tokyokimonostyle ウェブサイトへ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:243 最後に更新した日:2019/03/28

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM